聞き上手になって愛される!男性には傾聴、共感プラス尊敬を

目安時間:約 4分

聞き上手な女性はモテる、とよく言われます。

あなたはどうですか?

 

私は聞くより話す方が好きですが、デートのときは聞き上手になれるよう、いつも心がけています。

男女問わず、自分の話をちゃんと聞いてもらえるのは、嬉しいものですよね。

コツがわかれば、あなたも男性が喜ぶ聞き上手になれます。

 

耳を傾けて聴く「傾聴」の姿勢が大事

話をちゃんと聴いていることが相手にも伝わる、「傾聴」。

もともとはカウンセリングなどで使われる手法ですが、恋愛にも応用できます。

彼の話を傾聴することで、あなたは聞き上手と思われること間違いなし!

 

適度に相槌を打とう

話をしていて、相手がもし無反応だったら、聴いてないのかな? と思っちゃいますよね。

それを防ぐために、相槌を打つのはとても重要です。

うなずいたり、短い言葉を挟んだり、話を遮らない程度にやってみましょう。

 

相槌を打つことで、彼はあなたが真剣に話を聴いてくれていると感じます。

彼の話がひととおり終わるまで、余計な話は挟まずに、しっかりと耳を傾けてください。

 

共感と、尊敬の言葉を伝える

相槌でも、短い共感の言葉は役に立ちます。

「大変だったね」「つらかったんだね」など、話の間に不自然じゃない程度に挟むのがいいでしょう。

話が終わってからは、彼の気持ちをそのまま受け止めて、共感の言葉として返します。

 

たとえば、上司に理不尽に怒られた話だった場合、「そんなことで怒られちゃったんだね」「すごく嫌な思いしたよね」といった具合にです。

好きな男性に対して共感するときには、さらに尊敬の言葉を付け加える必要があります。

「そんな上司の下で何年も働いていて、すごいね」「仕事ができると上司に目をつけられて大変だね」などです。

 

なぜ、尊敬の言葉が必要なのか?

それは、男性が尊敬されることが大好きだからです。

「好き」や「愛してる」の言葉より、「尊敬する」と言われる方が、男性ははるかに嬉しく感じるのです。

女性に尊敬されることで、男性は、またがんばろうという勇気がわいてきます。

 

聞き上手をめざして練習しよう

傾聴、共感、尊敬の3つのポイントがありますが、いきなりすべてを完璧にやるのは難しいもの。

何度も練習しているうちに、自然と身についていきます。

女友達との会話でも良いので、意識して練習を繰り返しましょう。

 

自分の話を熱心に聴いてくれる女性に、男性は悪い気はしません。

あなたも聞き上手になって、意中の彼を夢中にさせちゃいましょう!

 

彼氏に素直になれないなら、ごめん以外は後からでも伝えよう

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押し教材
管理人プロフィール


管理人:SENA(せな)

恋愛研究家。結婚、離婚を経てなお、恋をあきらめない。恋して幸せになりたい女性たちを応援するために活動中。

詳しくは⇒自己紹介。遠距離恋愛にも離婚にもめげず、まだ恋をしようとする理由。

カテゴリー
Twitterやってます

ページの先頭へ