自分に自信がなくて恋愛できない?自己肯定感を高めればOK

目安時間:約 6分

恋はしたい。でも、自分に自信がない。

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

 

私も、同じように悩んでいた時期が、ありました。

でも、じっとしてても自信はわいてこない!

1つ1つ問題を解決して、自信をつけていきましょう。

 

自分に自信がもてない女性はいくつかタイプがある

「自信がない」と一口に言っても、実際にはいくつかのタイプがあります。

    1. 自己肯定感が低い
    2. 恋愛経験がない、少ない
    3. 自分の外見に不満がある

 

あなたはどのパターンに当てはまりますか?

きちんと問題に向き合って、恋する自信を手に入れましょう。

 

自己肯定感が低いなら、自分で自分を認めてあげよう

1つめの「自己肯定感が低い」タイプのあなたは、何をやっても自分に不満を感じていると思います。

でもそれは、あなたのせいではありません。

子どもの頃から今この瞬間まで、あなたを取り巻く環境が作り上げたもの。

私も、典型的なこのタイプでした。

 

幼い頃から自分で自分を認める習慣がついてないと、大人になっても自分に自信をもてません。

けれど、大丈夫です。

考え方のクセを直せば、変われます。

私がそうだったように。

 

やってみよう! 自己肯定感の高め方

まずは、頭の中で4、5歳くらいの自分をイメージしてみてください。

その子はどんな表情をしていますか?

泣いていたり、寂しがっていたりしたら、そっと抱きしめてあげましょう。

そして「もう大丈夫だよ」と声をかけてあげてください。

 

頭の中に浮かんできた子どもは、あなた自身の心の状態です。

子どもを抱きしめたように、これからは、あなたが自分で自分を抱きしめてあげましょう。

仕事で何か嫌なことがあっても、「私は大丈夫」と自分に言い聞かせる。

そういう考え方のクセをつけることで、自己肯定感は少しずつ身についていきます。

 

慣れるまでは、つい自分を卑下してしまいがちですが、繰り返すことが大切です。

時間がかかっても、自己肯定感は恋愛以外にも必要な、重要なもの。

じっくり身につけていきましょう。

私でもできたんだから、あなたも大丈夫ですよ!

 

恋愛経験がないから自信がもてない場合

恋愛するにあたって経験がない、もしくは少ないからと、尻込みしちゃうこと、ありますよね。

年を重ねるにつれ、不安は強くなっているかもしれません。

でもその心配は、ほとんどの場合、必要ないんです。

 

男性は経験の少ない女性が好き

私が実際に経験したり、周りの男性に聞いたりしたところ、女性の恋愛経験が少ないほうが、男性に喜ばれる傾向にあります。

男性は、好きな女性を自分の色に染めるのが好きなようです。

 

中には、恋愛経験豊富な女性が好き、という男性もいますが、少数派です。

あなたが恋愛慣れしていないことは欠点ではなく、逆にほとんどの男性は喜んでくれますよ。

安心してください。

 

自分の外見に自信がもてない場合

外見にコンプレックスがある女性は多いですね。

むしろ、コンプレックスがひとつもない女性の方が、いないような気がします。

顔の造作や肌の質感、髪型、体型、ファッションセンス・・・言い出したらキリがありません。

 

大切なのは、キレイな肌と清潔感

男性は、肌のキレイな女性が好きです。

髪型はその人に似合っていて清潔感のあるもの、服装は清楚で、あとはそれほど重要視されていません。

痩せているより、ふっくらしている方が、抱き心地がよくて好きという男性も多いです。

 

男性があなたに求めているのは、抱きしめたときに柔らかくて、ふわっとシャンプーの香りがする・・・そのくらいです。

それ以上は、気にしすぎる必要はないんです。

あえて気をつける点は、眉間のシワや肌荒れ、疲れた表情をしていないこと。

流行を追いすぎたファッションも、男性は好みません。

 

あまり難しく考えないようにしましょう。

悩みすぎるより、肩の力を抜いて笑顔を心がける方が、はるかに好印象です。

笑顔のもつパワーは大きいですよ!

 

恋をすると、女性はキレイになっていきます。

愛されれば、自信もつきます。

自信がないあなたこそ、恋愛すればもっと輝けること間違いなしです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押し教材
管理人プロフィール


管理人:SENA(せな)

恋愛研究家。結婚、離婚を経てなお、恋をあきらめない。恋して幸せになりたい女性たちを応援するために活動中。

詳しくは⇒遠距離恋愛にも離婚にも負けず、まだ恋をしたい理由。

カテゴリー
Twitterやってます

ページの先頭へ